« ニコンカメラ | Main | 超広角の接写 »

07 March 2006

究極の機械式一眼レフ

nikon_f2_01体調崩して更新ままなりませんでしたが、カメラボディとレンズはどうにか手に入れました。前回の研究の通り、買ったのはニコンF2フォトミックAです。通販で買ったのですが、ボディが届くまでにどうしてもレンズは1本欲しいです。ZFレンズは当分手に入らないみたいなのですが、ボディだけで持っているなんて出来ません。だからニコンレンズを1本。

かなり考えました。凄い数のニコンレンズの中から1本を買うのです。コンセプトは
1)常用レンズ
2)これから発売されるZFレンズとなるべく重ならない。
3)ニコンらしいシャープなレンズ
4)Aiレンズ以降

特に2)のこれから発売されるZFレンズがわからないところに問題があります。次はディスタゴンとマクロプラナーと言われてますが、マクロプラナーはたぶん60mm/f2。ディスタゴンはなんでしょう?35mm、28mm、25mmのうちのどれかのf2だと思うのですが絞りきれません。やっぱり35mmでしょうか?すぐに28mmも出そうだし。

nikkor20mm_f28ニコンレンズのこともよくわからないので、友人に相談したり、ウエブを参考にしたり。で結局考え抜いた末、選んだのは現行として最近まで新品で売っていたNikkor Ai 20mm/f2.8Sです。

ボディとレンズが同じ日に手に入り、家で早速取り付けてファインダーを覗いてみます。明るい!ピントが合わせやすい!今まで使っていた一眼レフがみんな一世代前のなので(ペンFT、アルパ、ビゾフレックス)カルチャーショック。現行のF6とかの方がもっと明るいんでしょうけど、F2でも十分(スクリーンはスプリットとマイクロプリズムが入っているものでした)。そして寄れる寄れる。25cmまで。愛用21mmレンズ達はみんな目測なので近接はつらいのですが、この組み合わせだともうマクロレンズでの接写の世界です。楽しい~。お店で聞いた話ではこのレンズどんどん値段が上がっているらしいです。

nikon_f2_02それからF2の作りも素晴らしいですね。巻き上げの感触やシャッター音こそ、しびれるタイプではありませんが、しっかりがっちり、精密に、滑らかに。手を抜いている箇所などどこもありません。いいですねえ、F2。さすが究極の機械式一番レフです。プロが愛したカメラだけあり、信頼感も抜群。露出計も使いやすいです。ファインダー内だけでなく、プリズム上にも露出計表示が出るなんて!シャッタースピード1/8でもそこそこブレないし。10秒のスローシャッターも使えます。このカメラは機械式カメラマニアなら1台は持っているべきですね。

|

« ニコンカメラ | Main | 超広角の接写 »

「NIKON」カテゴリの記事

Comments

こんばんは,ごぶさたしています。
F2購入おめでとうございます。
私も1台F2ASを持っていますがいいカメラですよね。
使った感触はCanonF-1のほうがいいのですが
信頼感は上のような気がします。
私はAi-s35mm/f2を一本しか持っていませんがいいレンズですよ。

Posted by: takami | 07 March 2006 at 09:30 PM

takamiさん
ありがとうございます。F2いいカメラですねえ。昨晩も100回ぐらい空シャッター切ってました。Ai-s35mm/f2は評判いいですねえ。昨日届いた季刊クラシックカメラのF2特集号にも赤木氏がニコン使いなら持っていないといけないレンズって書いてました。でもディスタゴンのかぶりそうなんですよねえ~。

Posted by: ぎえもん | 08 March 2006 at 12:58 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92524/8985997

Listed below are links to weblogs that reference 究極の機械式一眼レフ:

« ニコンカメラ | Main | 超広角の接写 »