« 個人的に最高なM型ライカ | Main | バルナック中望遠 »

12 October 2005

目測専用機顛末

mda_biogon3白状するとM2買う前に実はebayで買ってしまったものがある。安かったから(友人のIgの1/4!)というのが理由だけど、手にしたらその作りの良さ、操作感の良さにかなり気に入っている。シンプルこの上ないカメラ、ライカMDaM4をベースに作られた学術用途モデル。生産台数14508台。1966-1976年製造。ファインダーなしM型ライカの中では最も手に入りやすい。

M4との違いは
・ファインダーがない
・距離計もない
・セルフタイマーもない
・ブライトフレーム切り替えレバーも当然ない
・巻き上げレバーがM3タイプ

M4ベースだからラピッドローディングだし、カウンターは自動復帰だし、1sから1/1000sまであるし、目測で使うにはとても使い易い。塗り壁みたいなルックスも外付けファインダーを付けて、レンズを付ければなかなかいける。ビオゴン21mmはとても重いので、やっぱりある程度の大きさのカメラの方がバランスもいい。

|

« 個人的に最高なM型ライカ | Main | バルナック中望遠 »

「ライカ」カテゴリの記事

Comments

ううむ、ぎえもんさんのブログはとても危険なので、
しばらくROMってたのですが・・・MDaとは渋すぎます。
これ下げた人とすれ違ったら、「お主、やるな!」という目で
見てしまいそう。

Posted by: 越渓 | 12 October 2005 at 03:37 PM

越渓さん
これ、結構いいっすよ~。eBayだとかなり安く手に入ります。21mmなんてまったく距離計必要ないですし。11まで絞れば最短から無限までピント合います。

Posted by: ぎえもん | 12 October 2005 at 05:58 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92524/6362255

Listed below are links to weblogs that reference 目測専用機顛末:

« 個人的に最高なM型ライカ | Main | バルナック中望遠 »