« 止まらぬ物欲 | Main | 究極の標準レンズ »

29 June 2005

物欲の終焉

3回続けて物欲シリーズだが、今回は物欲すっかり小さくなってしまった話。先週木曜からしばらく実家に帰っていて、日曜日に自宅に戻ってくるとライカフレックスSLが届いていた。第一印象「重い!」。速写ケースからしてかなり重い。ボディもレンズも重い。早速巻き上げる。予備角が大きく90度ぐらい。ここで露出計のスイッチも入る。その後スーと動いて、最後にカチッと感触があり、巻き上げ完了。シャッターボタンはシャッタースピードダイヤルに埋まっていてちょっと押しにくい。シャッター音は結構静かだし、音がいい。布幕横走りシャッターだ。操作感はいい感じだ。ファインダーはうわさどおり青い。ズミクロン50mmだとほとんど等倍。ピントは中央部のマイクロプリズムを使えば合わせ易い。フードも別に買って届いた。

そして昨日会社は休みだったので、テスト撮影に新宿に行くという友人のところへSLを持って出かける。めちゃめちゃ暑い。日差しも強い。アスファルトの照り返しも強い。でも友人との撮影しながらのカメラ写真談義は楽しい。私はシャッタースピードのテストやなるべく開放近くでの描写を見てみる。3時間ほど撮影して、中古カメラ屋にアルパを見にちょっと行ってみる。

alpaそこにあった黒いアルパ9dかっこいい!レンズはマクロスイター50mm/f1.9。比較のためにシルバーの10dマクロスイター50mm/f1.8と一緒に見せてもらう。初めて触るアルパ。前から巻き上げる方法もそれほど違和感はない。レンズ横にあるシャッターも押しやすい。剛性感、シャッター音。やはり当時最も高価なカメラだっただけのことはある。露出も合わせやすい。そして何よりマクロスイター!ファインダースクリーンが粒々が目立つ暗いファインダーなのだが、最短の28.5cmまでヘリコイドをぐりぐり回して近づける。伸びる伸びる!独特の被写体深度表示もかっこいい!唯一無二のアポクロマートのマクロ標準レンズ。やっぱり最強。実はここ1ヶ月ほどアルパブックを買っていつも手元において眺めていた。ウエブ上の作例も全部見た。理想のレンズだと確信した。そしてファインダーから覗いてしびれた。でもブラックボディなのでかなり高い。とりあえず考えてみることにしてしまってもらった。

友人にとりあえず買うのを留まった(というか初めから見せてもらうだけのつもりだった)事を伝えると「SL下取りに出してみたら?」と。え!そんな方法もあるのか。買ったばかりというかまだ手にして3日。その日初めてフィルムを通してみたのに。まあ凄い安く買ったのだからそんなに高く売れないから、だったら持っていたほうがいいと思っていたんだけど、試しに下取りに出したらいくらか聞いてみた。しばらくして教えてくれた値段は買ったよりかなり高く、あまりの値段に「お願いします」と言ってしまった...

買ってすぐ手放してしまうなんて嫌悪感というか違和感を覚える人もいると思う。私も考え抜いて買って、愛用していくのが好きだ。でも新たに35mmの一眼レフを2台はいらない。ズミクロンR50mmはすばらしいレンズだと思うけど、マクロスイターの方が魅力的。ボディも大好きな黒だし、使い方や見た目が他のカメラと変わっているところが妙に惹かれる。使いにくいところも個性。ってことで自分を自分で肯定してみる。SL+ズミクロン50mmとはこの日撮った2本のフィルムでお別れ。代わりにブラックのアルパ9d+マクロスイター50mm/f1.9がやってきた。

ボーナスなくなっちゃったし、買えないと思っていたカメラ+レンズも買えたしということで、あれほどショップのサイトやオークションサイトを見まくっていたのに、すっかり物欲が落ち着いた。フードだけないのでフードは買わないといけないけど。しばらくはこいつで撮りまくってみる。

|

« 止まらぬ物欲 | Main | 究極の標準レンズ »

「アルパ」カテゴリの記事

Comments

ライカフレックスSL+Rズミクロン50/2をすぱーんと入手するだけでも、血も涙もない方だと思っていたら、今度はそれを流してアルパ9d+マクロスイター50mm/f1.9ですとおお!
ぎえもんさんにはきっと青い血が流れているに違いない(笑)。

アルパ9d、何気に一番好きなデザインのSLRだったりします。
いいなあ~(と身悶え)。
もう涅槃の境地ですねえ。涅槃の作例、期待してます。

Posted by: 越渓 | 30 June 2005 at 01:32 PM

すいません、自分でもなにをやってるんだという感じです。でもここ数ヶ月ひどいストレスでもうどうしようもない精神状態だったのですがすっかりこのカメラのおかげで完治してしまいました。
アルパのボディ何にするかかなり悩んだのですが、デザインがクラシックなアルネアタイプのなで肩のものより、マクロ撮影メインになるであろうカメラなのでTTLで非対称デザインで結晶塗装ペンタ部の9dに落ち着きました。使い勝手も悪くないです。
今日試写1本したので後ほどアップします。

Posted by: ぎえもん | 30 June 2005 at 10:00 PM

SL+先細ズミクロン。僕も所有してました。いいレンズだし、いいカメラでした。
でも、やはり出会いっていうのはありますよ。どこでも売ってるものだったら、そして何時でも手に入るものだったら、きっと誰もがこういう購入の仕方を訝しがるでしょう。ものを大切にしない人・・・なんて言われたり(笑)。
でもクラシックカメラ好きならば、少なくとも私のように共感どころか全く同じ経験を持つものもいますから(笑)、どうぞ御安心を。
それにしてもかっこいぃ~。ボーナスはたいただけのことはあります。かっこいぃぞ!よぉ、男買い!

Posted by: Lostcolors | 11 July 2005 at 09:39 AM

Lostcolorsさんにもお勧めいただいてズミクロンR50mm楽しみにしていたのですが描写を知る前に手放してしまいました...ただ完調ではなかったんですよ。ヘリコイドが2m付近で抵抗が大きくなって撮影中とても違和感ありました。こりゃあ要修理だなあと思っていたところでした。
アルパいいっす!ピントが合わないと良く見えないファインダーも慣れてくると楽しくなってきました。

Posted by: ぎえもん | 11 July 2005 at 03:37 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92524/4765392

Listed below are links to weblogs that reference 物欲の終焉:

« 止まらぬ物欲 | Main | 究極の標準レンズ »