« 物欲の終焉 | Main | アルパ歴代モデル »

30 June 2005

究極の標準レンズ

macro_switar01lアポクロマートでf1.8(私のはf1.9)で28.5cmまで寄れるレンズ。トロけるボケ味美しく、世界中のマニアを魅了して止まないレンズ。ケルン マクロスイター50mm。雨も上がり今日始めて実写してみた。私が手に入れたのは1968年から6300本作られたf1.9のもの。f1.9はf1.8と比較してレンズが1枚多い5群8枚(f1.8は5群7枚)。またヘリコイドが大きくなり回しやすくなった。このヘリコイドの使いやすさはかなり違う。f1.8は細く使いにくい。なんといっても最短から無限大まで2回転半あるのだから。f1.9は黒塗りのみ。f1.8はシルバーも存在する。描写は結局のところほとんど差がないというところに落ち着いているようだ。

一応ハッセルのSプラナー135mmとベローズは持っているんだけど残念なことに外に持ち出したことがない。三脚とダブルレリーズケーブルがいるのでなかなか散歩には持ち出せない。ってことで今日は始めてのマクロ撮影。開放で最短で撮りたい気持ちが大きく、構図なんて二の次になってしまった。反省。今度は構図優先で撮ってみる。描写は想像していた通り。マクロレンズを他に使ったことないからどう違うのかいまいちわかってないけど、このマクロスイター50mm/f1.9の描写に文句のつけようはない。最高に好きな描写。近所の花も薄汚れた置物もひたすら美しく写ってくれる(気がする)。三脚で撮るのがいいんだろうけど、カメラは機動力も魅力のひとつ。手振れしないように腕を磨きたい。ちなみに5枚目の写真は愛用カバンであるボブルビーステッカーチューン大会の応募用に作ったスペシャルボブルビー。この写真を添付して応募した。今回はネガフィルムをスキャン。色はまったく触らず、スキャンしたそのまま。プリントと比べるとちょっと色のりが悪い。

switar01


switar02


switar03


switar04


switar05


switar06


switar07


|

« 物欲の終焉 | Main | アルパ歴代モデル »

「アルパ」カテゴリの記事

Comments

早速恐れ入ります。
一見したところですが、想像していた以上に破綻のないボケ方で、正直びっくりしております。私の場合は「基準」がキルフィットのマクロキラーなんですが、マクロキラーが背景との距離によってはボケが暴れるのに対し、こちらはお行儀が良い印象を受けました。

なるほど、伝説の標準マクロとは、こういうものだったんですねえ。

ネガスキャンの場合は、フォトショップCSのカラーバリエーション機能で、①中間域で青を1段(スライドバーのデフォルト値)薄くする②同じく緑を1/2段(スライドバーで調整)薄くする③シャドウ部を1段(スライドバーをデフォルト値に戻す)、とすると、比較的標準的なプリントに近い色見になるような気がします。
ご参考までに。

Posted by: 越渓 | 01 July 2005 at 08:54 AM

越渓さん
マクロキラーは寄れますからねえ。マクロスイターは寄れる範囲が30cm弱なのでそれほどマクロっていうわけでもないですけど、f値が明るいのでこんなにボケるのでしょうね。作例増やします。
ネガスキャンの色調調整方法ありがとうございます。今度試してみます。

Posted by: ぎえもん | 02 July 2005 at 07:25 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92524/4777604

Listed below are links to weblogs that reference 究極の標準レンズ:

« 物欲の終焉 | Main | アルパ歴代モデル »